診療案内

内科

生活習慣病は脳卒中や心筋梗塞の原因となる病気です。治療としては、血圧・血糖値・血中コレステロール値などの数値をコントロールしていくことが重要です。患者さんが無理なく治療を進められるよう、一人ひとりにあわせて生活指導をおこなうとともに、お薬で補助していきます。

もっと見る

当院では、お薬の量も細かく調整していくようにしています。たとえば、血圧は季節によって数値が変動することをご存じでしょうか。一般的に、夏は血圧が低下し、冬は上昇します。そのため、季節によってお薬の量は変更する必要があります。また、血圧についてはご自宅での測定もお願いしています。日々の細かい計測データをもとに、お薬の量を変更するなど、治療計画を柔軟に組み直していくためです。

そのほか、生活習慣病の治療において、当院では管理栄養士による栄養指導もおこなっています。無理なくつづけられることを重視して、日々の食生活の改善をめざしていきます。

呼吸器内科

気管支喘息、咳喘息をはじめとした呼吸器疾患に対応しています。1週間、2週間と長くつづくせきにお悩みの方は、ご相談にいらしてください。まずは看護師がお話をうかがい、症状が強い場合には診察順を繰り上げて、できるだけ早期に対応するようにしています。呼吸器疾患に限らず、当院では患者さんのご様子を確認し、緊急度に応じて柔軟に診察しています。

もっと見る

また、当院は睡眠時無呼吸症候群の治療にも力を入れています。ご家族などに睡眠中の無呼吸状態を指摘された方や、日中の強い眠気にお悩みの方はご相談ください。検査はご自宅でおこなうことが可能です。じつは院長自身もこの病気にかかっており、現在も治療をおこなっています。実体験をふまえ、患者さん目線に立った診察がおこなえるはずです。気軽に相談にいらしてください。

脳神経内科

脳神経内科では、めまい・頭痛・しびれなどの症状を主にみています。院長は日本神経学会認定の神経内科専門医のため、頭痛もちの方など、専門的な治療を希望される方は受診をご検討いただければと思います。脳の異常だけでなく、神経の異常にともなっておこる身体のしびれなど、全身の症状を診察することが可能です。必要があれば、連携する医療機関でMRIの検査を受けることもできます。

もっと見る

また、常勤の看護師には、脳神経関連の医療機関に勤めていた経験のある者がいます。院長からも定期的に指導をおこなっていますので、気になることは何でもご質問いただければと思います。

糖尿病内科

脳卒中(脳出血と脳梗塞)や心筋梗塞の予防のために、院内検査で当日のHbA1c(NGSP)と血糖値を確認しながら、内服薬あるいはインスリン自己注射による治療や、栄養士による栄養指導(月2回)を行っています。重症の方は糖尿病専門医や病院にご紹介いたします。

アレルギー科

花粉症や食物アレルギーなどの診療をおこなっています。アレルギーとは、本来は身体を守るはたらきをもつ免疫が、異常な反応をおこすことです。

もっと見る

症状としては、目のかゆみや鼻水、発疹、くしゃみなど、さまざまなものがあげられます。場合によっては、アナフィラキシー反応と呼ばれる、命にかかわる重大な症状があらわれることもあります。アレルギーの原因物質を避けるための指導をおこなうほか、万が一アナフィラキシー反応がおきてしまった場合の緊急治療剤の処方にも対応しています。

また、院長自身も花粉症にかかっています。これまで30年以上にわたってさまざまな治療方法を試してきました。そうした経験もふまえて、親身になって診察をおこなっていきたいと考えています。

皮膚科

当院の皮膚科は女性医師が診察しています。にきび・日焼け・できものなど、肌の悩みを抱えている方はご相談ください。もちろん、アトピー性皮膚炎や湿疹、虫刺され、水虫などの一般的な皮膚疾患にも対応可能です。

もっと見る

ただし、イボやシミ、重症の火傷、出血している皮膚外傷など、当院で対応できない症状もあります。診察をおこなったうえで他院にご紹介というかたちになりますので、あらかじめご了承いただけますと幸いです。